おとといミーティング 連載・トライセラトップス 四角形 四角形
INFORMATION REPORT mk’s BLOG USTREAM
<< プレミーティングUSTREAM動画 ダイジェスト公開 | main | おとといミーティング vol.1 USTREAM動画 ダイジェスト公開 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.02.05 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

始動!

ついに始まりました!
TRICERATOPSにとっては、
震災の影響で"DINORSAUR ROCK'N ROLL"が延期されて、
慌ただしい日々を送る真っ只中の開催でしたが、
とても前向きに、真摯に、常にユーモアをもって、
もちろん凄まじいまでの音楽的ポテンシャルを最大限に活用させて、
この日に臨んでいました。
リハーサルの時点で、いや、その前日の打合せの段階で、
その“気力”と、私も向き合っていかなければと決意しました。

こちら、前日の打合せ with Red Wine ♪




 ▲ ライブの全体的な流れや段取りを決めました。
 こういうのはちゃんとやっておかないと!

そして、当日。



▲ まずはウォーミングアップ!



▲ リハーサル中。メンバー近い、近い!



▲ 真剣!
しかし吉田くんはさぁ、
トライセラの他に吉井さんやいろんなミュージシャンの
サポートも同時にしてるわけだけど、
ただ単に「曲を憶える」のではなく、
その曲に魂を吹き込む大事な土台を作る役目を
担うわけでしょう?
それがすべてちゃんとできてるところが凄いな!と
毎回思うわけです。今日も頼りにしてます!



▲ 林くんの定位置。
SweetEmotionの控室では、
楽器関係の方、お店の方、Ust配信(EMTG)の方、
事務所の方などなど、
大勢のスタッフさんが行き来してるのですが、
Ustの画面に写るこの場所だけは誰も来ないので、
林くんはずーーっとそこに座ってます。
ライブ前のUstもその場面から始まりましたね。



▲ サービスカット!?
私も暇だったので(???)、
こんな写真を作ってみたり。
絵になるねぃ〜。

ちなみにこの日は、松たか子さんのアルバム
『Cherish You』にかけて「ダルビッシュ有」、
「おかしの法則」ならぬ「おかだの法則」
=(ライブでは)押さない・駆けない・黙らない、など
名言を連発した林くんでした。
曰く「思いつくと喋らずにいられない」そうで。

さあ、開場の時間を迎えました。

メンバーは着替えたり、
Ust配信情報をTwitterに打ち込んだり、忙しい。

Ust配信、まずはトークから。
こういうところが、これまでのライブと違うところ。
さらに、ライブの中では、
セットリストを決めないフリーコーナーや、
私からのむちゃぶりリクエスト(宿題)があるので、
どんな展開になるのか開演直前にも予測不可能で、
スタッフさんも、もちろん私も、緊張気味。
メンバーは……リラックスしてるみたい。頼もしい!



▲ 本番スタート。お客さん近い、近い!

この日のセットリスト。

M01 プレゼント
M02 Fly Away
M03 Couple Days
M04 Ace
M05 Gothic Ring

<フリータイム>

M06 スローバラード(RCサクセション)
M07 惑星(松たか子さんに提供した曲)
M08 TATTOO
M09 Fall Again
M10 Future Folder
-----------------
M11 あのねBaby

1st.アルバムに入っている「プレゼント」で始まったのも、
なんだか象徴的。このライブが、音楽ファンの皆さんへの
プレゼントになったらいいなと思う。
特にTRICERATOPSの大ファンという人でなくても、
Ustで観てもらって、彼らのナチュラルなライブ感、
アコースティックだからこそ引き立つ音楽の魅力を
満喫していただけると幸いでございます。

フリータイムでは、
お客さんからのリクエストに応えて、
「Just the Way You Are」や
「君の瞳に恋してる」をその場で演奏。
さらに、その後は唱くんによるaikoさんのモノマネ
「イェイイェイ!」(CDTVのコメントのとき)に
かなりの時間が割かれました。
「カブトムシ」「えりあし」の一節を
自分で歌って自分でグッと来る唱くん!

「CDTVをご覧のみなさん」で始まるおなじみのトークも
パロディにして、Ustのカメラに向かって
「CDTVをご覧のみなさん、こんばんは、
TRICERATOPSです。それでは僕たちの
1年前の新曲を聴いてください」
などと、半ば自虐的?なギャグも飛びだした。
もう彼らの勢いは止めようがなかった。
(止める気もないんだけど)

「宿題」の曲については、
今までもいろんな楽曲をカバーしてきて、
その演奏力とセンスに定評のある彼らではあるけれど、
彼ら自身では絶対に選ばないような曲を、
敢えて振っていこうと思ってます。

この日の「スローバラード」も素晴らしかった。
洋楽育ちの彼らが、日本のロックの名曲に挑戦するというだけでも
ワクワクしますが、清志郎さんの独特のメロディラインや
歌い回しに左右されることなく、
独自の「スローバラード」を展開。
とてもせつないラブソングで、
歌詞の中には「車の中で手を繋いで寝たあの子」が登場しますが、
もう、そこには清志郎さんの恋人ではなく、
ちゃんと、唱くんの物語の中のヒロインがいたような気がします。
優れた歌い手とはこういうことだと思います。

次回の課題曲は、
岡村靖幸さんの「イケナイコトカイ」。
会場で発表したときのお客さんの賛同の声も
味方を得たようで嬉しかったです、ありがとう!!
(そのうち、お客さんから「え〜っ!?」って言われるような
曲も選んでしまうかもしれませんがっ)

「惑星」のセルフカバーも新鮮だったし、
オリジナル曲も、思わせぶりな「マイ・シャローナ」の
イントロから始まる「TATTOO」や、
キューバっぽいアレンジの「Fall Again」とバラエティ豊か。
普段はエレキでギュイーンといくところを
アコースティックでガッガッとタイトに刻み込んでいく感じとか、
ロックって、曲調とか楽器の種類とは関係ないんだなって、
それはまぁ、はなからわかっていたことだったけど、
この日のライブで、さらに確信することができました。

今の、どうにも元気がなくなっちゃうような日々の中、
こうして楽しい音楽のライブができたことに感謝します。
TRICERATOPS、すべてのスタッフの方々、
来てくれたお客さま、Ustを見守ってくれた皆さま、
ありがとうございました!

次回も何が起きるかわかりません!
お楽しみに〜♪


スポンサーサイト


  • 2013.02.05 Tuesday
  • -
  • 19:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
森田さん、こんばんは!私は森田さんには、ホントにご縁を感じずにはいられません。(勝手になんですけど(笑))ブログのコメント欄に書ききれないので、とにかく、おとといミーティング、TRICERATOPSとやって下さってありがとうございます!と言いたいのです(^^)めちゃくちゃ嬉しいです。私はまだTRICERATOPSのファン歴が浅いので森田さんが、解説して下さるピッタリな言葉全てに衝撃を受けて感動しています!これからのおとミー、倍率が高いので参加できるかどうかわかりませんが、しっかり見守って行きたいと思います♪宿題も楽しみにしてます!
  • Kiyoe
  • 2011/04/15 12:51 AM
森田さん、初めまして。

先日の『おとといミーティング』USTREAMで拝見させていただきました。
とてもとても楽しかったです♪
素晴らしい企画をありがとうございます。

12回中、一度はその場所で生のトライセラの音を体中で味わいたいっ!!
ので、競争率高くて厳しいチケット争奪ですがいつか必ずGETしますっっっ!!!

いつか来るはずのその日を想像するだけで、この一年は何があっても頑張れそうです。
本当に、こんな素晴らしい素敵な企画を考えてくださってありがとうございます!

森田さんっ、大好き♪
  • maki
  • 2011/04/15 4:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
news.jpg

連載・おとといミーティング
TRICERATOPS 12-Bar"13"

日程:2013年1月26日(土)
時間:開場17:30 / 開演18:00
会場:東京 中野サンプラザ
出演:TRICERATOPS
チケット料金: 6,500円(税込)

link.jpg

・オフィシャルサイト
トライセラトップス
おとといBOOK(BIRTHDAYS)

・ブログ
和田唱
林幸治
吉田佳史

・Twitter
和田唱(sho_wada)
林幸治(koji_hayasi)
吉田佳史(yoshifumidayo_)
おとといBOOK(ototoi_book)
森田恭子(mori_kyon)

EMTG MUSIC
PR